忍者ブログ
プロフィール
HN:
斎藤 博之
性別:
男性
職業:
フリーランス・ルポライター
自己紹介:
さいとう ひろゆき

1960年、青森県弘前市生まれ。
1997~1999年、アクセス21出版編集長
2000~2002年、『季刊シンポジオン』編集長
青森市在住、フリーランス・ルポライター/フォトグラファー。

 東北や北海道・日本海沿岸各地を主なフィールドとして、祭りや民俗芸能・地域に固有な食文化・街道や海上の道の社会文化史・温泉の文化史・地域のなかの蕎麦やラーメン・地域づくりやNPO活動などについて執筆している。
 また、スローフードやエコミュージアム・グリーンツーリズムをテーマとする地域づくりの指導もしている。

<専門分野>
イタコとオシラサマ・祭りと民俗芸能・民俗文化・縄文の社会史・街道の文化史・北前船の社会文化史・スローフード・郷土料理と食文化・地酒や味噌醤油など醗酵食品・地域のなかの蕎麦やラーメン・温泉の文化史・地域コミュニティ・農山漁村と農林漁業・観光物産・グリーンツーリズム・地域づくり・エコミュージアム・地域学・エコロジー・NPO・自分史指導・その他
ブログ内検索
カテゴリー
ライター斎藤博之の仕事
ライター斎藤博之の仕事
ライター斎藤博之が地域限定の新聞・雑誌または非売品の媒体などに執筆した文章です。
斎藤博之のTwitter
    follow me on Twitter

    最新記事
    最新CM
    [08/17 Kamado]
    最新TB
    リンク

    雁屋哲の美味しんぼ日記
    (雁屋哲さんの公式ホームページです)

    美味しんぼ塾ストーリーブログ
    (『美味しんぼ』全巻のあらすじを検索)

    企画集団ぷりずむ
    (雑誌にラーメン特集などを執筆しました)

    グラフ青森
    (雑誌に民俗芸能・地酒などの連載をしました)

    まるごと青森
    (青森県の観光担当職員たちで作るブログです)

    恐山あれこれ日記
    (恐山菩提寺の院代・南さんの日記です)

    山の楽校「焼き畑日記」
    (八戸市南郷区で焼畑を復活しました)

    レストラン山崎
    (弘前のスローフードの仲間です)

    洋望荘
    (八戸の自然食・スローライフの宿です)

    仙台ラーメン金太郎
    (コンセプトと食材を担当しました)

    仙台屋
    (食材と地酒を集めました)

    深浦の食べ物屋セーリング
    (深浦の正直な食べ物屋さんです)

    青森県のラーメン・旅の宿と温泉
    (T.KENさんのホームページ)

    あおもりラーメン協会
    (あおもりラーメン協会の公式サイト)

    新井由己の仕事帖
    (地域のおでんやハンバーガーなどについて
     食文化として研究しておられます)

    わ的には 「北の国」のチョット南から
    (青森などを歴史も交えて探訪する
     ぴかりんさんのカナリ楽しいページです)

    大川平の荒馬
    (「大川平の荒馬」のホームページです)

    べんべのけやぐ
    (「大川平の荒馬」のメンバーです)

    じっくり・ゆっくり・2
    (「大川平の荒馬」のひろさんです)

    我、旅の求道者也
    (「大川平の荒馬」で知り合いました)

    下田ゆうじの津軽お祭道中
    (懇意にしている鳥井野獅子踊りの若手後継者、
     下田ゆうじさんが津軽の民俗文化を語る)

    小竹勇生山の瞽女宿
    (津軽三味線と越後瞽女を取材しました)

    津軽の侫武多
    (斎藤の作ったネブタ分布データを共有)

    阿部かなえの二胡のページ
    (北東北初の二胡の教室を開いた方です)

    憩いの森メーリングリスト
    (東北の魅力に触れるメーリングリスト)

    くぼた屋ウェブログ
    (岩手県滝沢村とゲームについての話題)

    土徳の世界
    (映像作家・青原さとしさんの公式サイト)

    藝州かやぶき紀行
    (広島の萱葺き職人を追うドキュメント)

    よたよたあひる's HOMEPAGE
    (ネットの友人で、精神保健福祉士です)


    にほんブログ村
    このウェブログは、「にほんブログ村」に参加しています。

    RSS
    バーコード
    カレンダー
    天気予報
    アクセス解析
    ライター斎藤博之が取材で出会った祭りや食べ物・歴史と風景
    PAGE | 14 13 12 11 10 9 8 7 6 5 4 |
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    12月上旬、「深浦の食べ物屋 セイリング」に行ってきました。
    とても真面目な、西海岸の深浦らしい料理屋さんです。
    いただいた料理の一部を紹介しましょう。


    セイリングの「海彦山彦」(青森県深浦町)

    (画像1:セイリングの「海彦山彦」)

    「海彦山彦」とは、深浦や岩崎で取り組んでいる、
    地元の旬の海の幸・山の幸を使い、
    この土地らしい郷土料理を観光客に食べていただこうという、
    活動の名前です。
    せっかく観光地に来たのに、
    宿泊施設や食堂で地元の料理が食べられなかった、
    という経験はありませんか?
    地元では旬の食材を美味しく食べているのに、
    お客さんに何か出そうとすると、
    変にあれこれ手を加えて、ありきたりのものになってしまう。
    普段食べているものではいけないのじゃないか、
    と考えてしまうからなのです。
    しかし、観光客が求めているのは、
    都会でも食べられるような料理ではありません。
    その土地でなければ食べられない料理と、
    その料理の背後にある物語なのです。
    郷土料理とは、その土地ならではの旬の食材を、
    もっとも美味しくいただけるよう、
    長い年月をかけて培ってきた知恵です。
    手間と暇は惜しまず、しかし小賢しい細工はせず、
    その素材が持っている本来の味を引き出すこと。
    そういう料理に出会ったとき、
    人は自ずとその感動を誰かと分かち合いたいと思うでしょう。
    この土地の食べ物を、この土地に伝わった知恵をもって、
    自然の恵みに感謝しながらいただく。
    「海彦山彦」とは、そういうコンセプトを掲げています。

    「深浦の食べ物屋 セイリング」も
    「海彦山彦」に取り組んでいます。
    写真は、ある日の「海彦山彦定食」のおかず。
    左下から、時計と逆廻りに、
    ・「えご天」の酢味噌和え
    ・イクラの鱠
    ・サザエの酒粕漬け
    ・サザエの刺身、アブラメの漬け
    ・ハタハタの佃煮
    このなかで説明を要するのは、「えご天」でしょうか。
    「えご天」は、「えご草」という海藻でつくる食べ物。
    日本海沿岸のところどころで、天日に干したこの海藻を
    寒天のように煮溶かして冷やし固め、
    刺身蒟蒻のようにして食べる風習があります。
    青森県でも岩崎から深浦・鰺ヶ沢・小泊にかけて、
    タレは酢醤油、あるいは酢味噌で、これを食べます。
    能登の「いご」や、九州博多の「おきゅうと」も、同じものです。


    地元で食べる「鰰白煮」が

    (画像2:地元で食べる「鰰白煮」が)

    しかし、きょうの目玉は何と言ってもハタハタでしょう。
    西海岸のハタハタは、12月上旬、雷とともに磯に寄ってきます。
    漁の期間は、わずか一週間。
    ハタハタは、疾風のように、北へ去っていくのです。
    地元では、ハタハタを「白煮」にして食べます。
    豆腐とネギだけを入れて鍋にし、醤油に付けていただきます。
    ハタハタの揚がる地元ならではの食べ方でしょう。


    烏賊刺身丼

    (画像3:烏賊刺身丼)

    ほかに、この日は「烏賊刺身丼」がありました。
    烏賊刺しに卵と大根おろしを入れてかき混ぜ、
    ご飯に載せて食べるという食べ方は、
    たぶん烏賊の甘味がいちばんわかる方法だと思います。


    セイリング自慢の洋食

    (画像4:セイリング自慢の洋食)

    ところで、このお店の自慢料理は、洋食なのです。
    なんで洋食が「海彦山彦」なの?というあなた、
    よく聴いてくれました(笑)。
    この料理には、この家の「おばあ」の野菜が使われているのです。
    写真は、左が「ビーフシチュー」、
    右がブロッコリーのスープ。
    シチューには「おばあ」の人参と玉ねぎ、
    スープには「おばあ」のブロッコリー。
    ビーフシチューの主役は、ビーフではありません。
    深浦舮作(へなし)の雪堀人参の種をまき、
    「おばあ」が農薬をかけずに育てた人参を、
    これも「おばあ」の玉ねぎといっしょに
    煮込むこと丸二日。
    これだけでもすごく甘いのですよ。
    よい人参は、煮てもあくが出ず、えぐみもなく、
    ものすごく甘いのです。
    人参は雪が降っても畑に植えたままにしておき、
    雪の下から掘り起こして使います。
    人参が自ら凍らぬように糖度を高め、
    ますます甘くなっていきます。
    二日煮込んだ人参は、旨みが凝縮しています。
    そこに、ソースを加える。
    余計なことは何もせず、何も加えず、
    加えるのは手間隙と、愛情だけ。
    スープのほうも、やさしい味わいで、
    野菜を作った人と、料理を作った人の
    真心が伝わってくるようでした。


    セイリングの店主と娘さん

    (画像5:セイリングの店主と娘さん)

    「深浦の食べ物屋 セイリング」のオーナー
    山本千鶴子さんと娘さんです。
    マスターの進さんは、はにかみやさんなのか、
    ずっと奥で仕事をしていました。
    「おばあ」にも会ったのですが、
    郷土料理の話に熱中してしまい、
    写真を撮らせてもらうのを忘れていました(笑い)。


    「おじい」が捕った海のものと、
    「おばあ」が作った畑の野菜と、
    料理を作る夫婦の真心と。
    青森県西海岸ならではの、心和む料理。
    深浦の食べ物屋セイリング
    青森県深浦町深浦字苗代沢78-34
    電話0173-74-3068
    (深浦駅を背に、国道に出たら左へ進み、すぐ)


    *「セイリング」については、「ライター斎藤博之の仕事」にも記事があります。
    「ライター斎藤博之の仕事」深浦の正月料理~セイリングの海彦山彦

    PR
    Comments
    Name

    Subject

    Mail

    Web

    Pass
    Comment


    Trackbacks
    TRACKBACK URL :
    深浦の正月料理〜「セイリング」の海彦山彦
    URL 2009/01/08 (Thu) 22:53:48
     年の暮れに、「深浦の食べ物屋 セイリング」から、おせち料理が届いた。少し前に、この店のおばあさんに、深浦の年中行事のおりの郷土料理について、あれこれ教えていただいたので、贈ってくれたのであろう。 *この文章は、『毎日新聞』青森県版に「斎藤博之の発見あおもり 189話」(2009年1月6日)として掲載したものです。

    (C)ライター斎藤博之の取材日記 ブログ管理者 斎藤 博之


    忍者ブログ | [PR]