忍者ブログ
プロフィール
HN:
斎藤 博之
性別:
男性
職業:
フリーランス・ルポライター
自己紹介:
さいとう ひろゆき

1960年、青森県弘前市生まれ。
1997~1999年、アクセス21出版編集長
2000~2002年、『季刊シンポジオン』編集長
青森市在住、フリーランス・ルポライター/フォトグラファー。

 東北や北海道・日本海沿岸各地を主なフィールドとして、祭りや民俗芸能・地域に固有な食文化・街道や海上の道の社会文化史・温泉の文化史・地域のなかの蕎麦やラーメン・地域づくりやNPO活動などについて執筆している。
 また、スローフードやエコミュージアム・グリーンツーリズムをテーマとする地域づくりの指導もしている。

<専門分野>
イタコとオシラサマ・祭りと民俗芸能・民俗文化・縄文の社会史・街道の文化史・北前船の社会文化史・スローフード・郷土料理と食文化・地酒や味噌醤油など醗酵食品・地域のなかの蕎麦やラーメン・温泉の文化史・地域コミュニティ・農山漁村と農林漁業・観光物産・グリーンツーリズム・地域づくり・エコミュージアム・地域学・エコロジー・NPO・自分史指導・その他
ブログ内検索
カテゴリー
ライター斎藤博之の仕事
ライター斎藤博之の仕事
ライター斎藤博之が地域限定の新聞・雑誌または非売品の媒体などに執筆した文章です。
斎藤博之のTwitter
    follow me on Twitter

    最新記事
    最新CM
    [08/17 Kamado]
    最新TB
    リンク

    雁屋哲の美味しんぼ日記
    (雁屋哲さんの公式ホームページです)

    美味しんぼ塾ストーリーブログ
    (『美味しんぼ』全巻のあらすじを検索)

    企画集団ぷりずむ
    (雑誌にラーメン特集などを執筆しました)

    グラフ青森
    (雑誌に民俗芸能・地酒などの連載をしました)

    まるごと青森
    (青森県の観光担当職員たちで作るブログです)

    恐山あれこれ日記
    (恐山菩提寺の院代・南さんの日記です)

    山の楽校「焼き畑日記」
    (八戸市南郷区で焼畑を復活しました)

    レストラン山崎
    (弘前のスローフードの仲間です)

    洋望荘
    (八戸の自然食・スローライフの宿です)

    仙台ラーメン金太郎
    (コンセプトと食材を担当しました)

    仙台屋
    (食材と地酒を集めました)

    深浦の食べ物屋セーリング
    (深浦の正直な食べ物屋さんです)

    青森県のラーメン・旅の宿と温泉
    (T.KENさんのホームページ)

    あおもりラーメン協会
    (あおもりラーメン協会の公式サイト)

    新井由己の仕事帖
    (地域のおでんやハンバーガーなどについて
     食文化として研究しておられます)

    わ的には 「北の国」のチョット南から
    (青森などを歴史も交えて探訪する
     ぴかりんさんのカナリ楽しいページです)

    大川平の荒馬
    (「大川平の荒馬」のホームページです)

    べんべのけやぐ
    (「大川平の荒馬」のメンバーです)

    じっくり・ゆっくり・2
    (「大川平の荒馬」のひろさんです)

    我、旅の求道者也
    (「大川平の荒馬」で知り合いました)

    下田ゆうじの津軽お祭道中
    (懇意にしている鳥井野獅子踊りの若手後継者、
     下田ゆうじさんが津軽の民俗文化を語る)

    小竹勇生山の瞽女宿
    (津軽三味線と越後瞽女を取材しました)

    津軽の侫武多
    (斎藤の作ったネブタ分布データを共有)

    阿部かなえの二胡のページ
    (北東北初の二胡の教室を開いた方です)

    憩いの森メーリングリスト
    (東北の魅力に触れるメーリングリスト)

    くぼた屋ウェブログ
    (岩手県滝沢村とゲームについての話題)

    土徳の世界
    (映像作家・青原さとしさんの公式サイト)

    藝州かやぶき紀行
    (広島の萱葺き職人を追うドキュメント)

    よたよたあひる's HOMEPAGE
    (ネットの友人で、精神保健福祉士です)


    にほんブログ村
    このウェブログは、「にほんブログ村」に参加しています。

    RSS
    バーコード
    カレンダー
    天気予報
    アクセス解析
    ライター斎藤博之が取材で出会った祭りや食べ物・歴史と風景
    PAGE | 7 6 5 4 3 2 1 |
    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    八戸にも鯨餅があることを知りました。
    八食センターで売っていたので、早速購入してみました。


    八戸の鯨餅(包み紙)

    (画像1「八戸の鯨餅」包み紙)
    包み紙には、「港名産 八戸太郎 鯨餅」と書かれています。
    製造元は、八戸市小中野の「御菓子処ちぐさ」。
    原料は、「うるち米、もち米、砂糖、小豆」。


    八戸の鯨餅(中身)

    (画像2「八戸の鯨餅」中身)
    鰺ヶ沢の鯨餅に近いタイプです。
    いつごろから作っているのか、ほかにも八戸に鯨餅があるのか、
    調べてみなければなりません。

    PR
    Comments
    Name

    Subject

    Mail

    Web

    Pass
    Comment


    Trackbacks
    TRACKBACK URL :
    鯨餅〜北前船が運んだ食の文化(1)
    URL 2007/09/09 (Sun) 23:54:00
    青森県や山形県に伝わる郷土の菓子「くじらもち」。じつはこの「くじらもち」、れっきとした京菓子なのである。「くじらもち」は北前船で伝わった食の文化のひとつなのだ。(この文章は、『毎日新聞』青森県版で2006年12月に連載したものを、加筆訂正したものです)

    (C)ライター斎藤博之の取材日記 ブログ管理者 斎藤 博之


    忍者ブログ | [PR]